<address id="dbtjh"><nobr id="dbtjh"><menuitem id="dbtjh"></menuitem></nobr></address><address id="dbtjh"><listing id="dbtjh"><menuitem id="dbtjh"></menuitem></listing></address>

        <address id="dbtjh"><nobr id="dbtjh"><menuitem id="dbtjh"></menuitem></nobr></address>
        <address id="dbtjh"><nobr id="dbtjh"><menuitem id="dbtjh"></menuitem></nobr></address>

              <address id="dbtjh"><listing id="dbtjh"><menuitem id="dbtjh"></menuitem></listing></address><form id="dbtjh"></form>

                    ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > 学術情報一覧 > 水産・環境科学総合研究科博士後期課程(保全生態学研究室)の村瀬偉紀さんらが執筆したリュウキュウアユの成長様式に関する論文がIchthyological Research誌に掲載されました

                    ここから本文です。

                    水産・環境科学総合研究科博士後期課程(保全生態学研究室)の村瀬偉紀さんらが執筆したリュウキュウアユの成長様式に関する論文がIchthyological Research誌に掲載されました

                    2019年04月23日

                    水産・環境科学総合研究科 博士後期課程 環境海洋資源学専攻2年(保全生態学研究室)の村瀬偉紀さんらは、奄美大島に生息する絶滅危惧種のリュウキュウアユ(Plecoglossus altivelis ryukyuensis)の親魚を対象として、耳石の日輪解析と微量元素(Sr/Ca比)分析により、海洋生活から河川生活までの生活史を通した成長様式の解明を試みてきました。一生の間に海と川を行き来する両側回遊型の生活史を有する本種において、海洋生活期間中の成長様式が、その後の成長にどのような影響を及ぼすのかという点は明らかになっていませんでした。本研究の成果から、河川遡上時の体サイズは、産卵時の体サイズに正の影響を及ぼしていることが明らかになりました。さらに、河川遡上時の体サイズには、海洋生活期間中の成長速度が正の影響を及ぼしていました。これらのことから、海洋生活期間中の成長が、河川遡上以降の成長を助長する働きがあることが初めて示され、生活史を通した成長様式の一端を解明することができました。本研究成果は、2018年5月21日付でIchthyological Research誌に掲載されました。

                    Murase I, Kawakami T, Iguchi K. (2018) Variation in growth performance of Ryukyu-ayu, Plecoglossus altivelis ryukyuensis, inferred from otolith analysis. Ichthyological Research. Springer-Verlag. 65:482–487 (doi :10.1007/s10228-018-0638-3)

                    長崎大学について
                    エイハヘエイハヘニスフィエイハヘヨメウエイハヘヘユセエイハヘケルヘエイハヘモ鯊ヨエイハヘソェサァエイハヘラ「イエイハヘハヌユ豬トツエイハヘオヌネエイハヘソネエイハヘハアハアイハエイハヘハヨサappマツヤリエイハヘソェスア フチ | ールノォ | メチタ | ユツヌ | ネノウ | ク゚テワ | ヨヨ゙ | ヌコ」 | ニニケカ | ヨロノス | ホレタシイイシ | ムエコ | ヒトエィウノカシ | ホツヨン | カィホ | ホシトマ | エヨン | ビヌィ | ミナム | トマトメエィ | エミヒーイチ | コヨン | ラ゙ウヌ | ーヘキ | アセマェ | メヒエコ | レヨン | ア」カィ | メヒイ | トマセゥ | ノリケリ | チルメハ | ネホヌ | ニスカ・ノス | ヒト | トマニス | サツ。 | クハヒ狢シヨン | メヒイ | ヒ扈ッ | トマニス | ネユヘチ | ヌ獰ン | ネェヨン | ムモーイ | トマーイ | 萵ム | ラメ | ム狄シ | ヌュホトマ | ヤニトマタ・テ | ココモ | タスュ | ヨン | フィヨミ | ネユソヲヤ | サヌ | ユソスュ | ウ、ヨホ | フウ、 | エキ | ネヨン | スフウ | エキ | 胙ム | コモアアハッシメラッ | メチタ | ミツマ | ツ衽 | ノツホホーイ | ホ莢イ | トマニス | ヘコ」 | トマセゥ | ムヨミ | ニカォ | ヘュエィ | スメム | コ」カォ | ヌ衵 | チルメハ | チソレ | ヘト | クハトマ | ヤニトマタ・テ | ネユヘチ | ールノォ | チナフヒョ | トオオ、スュ | オツム | ソムタ | 蓿コモ | ムスュ | トマセゥ | ユナシメソレ | セナスュ | チトウヌ | メチタ | トイィ | ウ犢 | ユリヌ | ヘツツウキャ | ヒトニス | ヘツツウキャ | ヒトエィウノカシ | ヌィーイハミ | ーイヤタ | ケチヨ | コリヨン | オツコ | ネハサウ | ニカォ | ウ」ヨン | クァヨン | チノム | ーイソオ | ハッラノス | ラ゙ウヌ | マ羣ロマ羣ロ | ヘト | フゥヨン | ソェキ | サニトマ | ノツホホーイ | ーヘキ | ケンフユ | ユヤマリ | エミヒーイチ | コ簷 | ーヘキ | チルマト | 蓿コモ | フテナ | ミツマ | エキ | スウヌ | ヌセク | ノヌホイ | コ」ホ | ネムヌ | ルヨン | ミウヌ | シェチヨウ、エコ | ココエィ | シテヤエ | コ」トマ | ラハム | ヌュホトマ | ホ獰ン | マフム | キノス | ネ邯ォ | マ賽 | ラメ | サウサッ | チノヤエ | ネハハル | ネテ | ネユソヲヤ | コハヤ | ケンフユ | 萵ム | ハッハィ | ールノォ | ネコモ | ク゚ミロ | ヒウオツ | ーラノス | コハヤ | テクロ | ナフス | フゥヨン | ネムヌ | モェソレ | サエーイ | ウ」ヨン | ソェキ | サエーイ | ウ犢 | アヨン | ケ聊ン | ーラノウ | トレスュ | トケ | トレスュ | トヌヌ | ラ゙ウヌ | マ羣ロマ羣ロ | フヒョ | フィアア | ヤ贄 | ウ犢 | ムホウヌ | サニクヤ | チケノス | メ贄 | アヲシヲ | ーラウヌ | ホトノス | ネユソヲヤ | オツム | レヨン | スェム゚ | ア」カィ | ケ翳ト | ミヒサッ | トイィ |