<address id="dbtjh"><nobr id="dbtjh"><menuitem id="dbtjh"></menuitem></nobr></address><address id="dbtjh"><listing id="dbtjh"><menuitem id="dbtjh"></menuitem></listing></address>

        <address id="dbtjh"><nobr id="dbtjh"><menuitem id="dbtjh"></menuitem></nobr></address>
        <address id="dbtjh"><nobr id="dbtjh"><menuitem id="dbtjh"></menuitem></nobr></address>

              <address id="dbtjh"><listing id="dbtjh"><menuitem id="dbtjh"></menuitem></listing></address><form id="dbtjh"></form>

                    ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > 今後開催予定のイベント情報一覧 > ロバートソンフィルムと乳幼児精神保健を学ぶ会

                    ここから本文です。

                    ロバートソンフィルムと乳幼児精神保健を学ぶ会

                    2019年09月08日(日曜)

                    ■ロバートソンフィルムと乳幼児精神保健を学ぶ会

                    ◆日 時:2019年9月8日(日) 14:00-17:00(受付13:30-)
                    ◆場 所:長崎大学 医学部(坂本キャンパス)
                                 良順会館 2階 ボードインホール (地図 J)
                    ◆参加費:3,000円(大学生・大学院生は 500円)
                                 *事前申込不要。当日直接会場へお越しください。

                    ◆内 容:14:00‐15:30 ロバートソンフィルム上映会 〜トーマス(2歳4ヶ月)〜
                                  15:45‐17:00 乳幼児精神保健に関わる人たちに伝えたいこと(仮)

                    ◆講 師:渡辺 久子 先生
                              (渡セ_医院 副院長、日本乳幼児精神保健学会 FOUR WINDS 会長)
                    世界乳幼児精神保健学会理事としてアジア地域を担当しながら、複雑トラウマを生き延びる親子や発達障害児の診療、被災地の復興支援を続けている。毎年実施しているロバートソンフィルム上映会は、今回で通算6回目であり、臨場感あふれる分かりやすい解説は、様々な分野の皆様から好評を得ている。

                    2014年より毎年開催してきたロバートソンフィルム上映会(全6回)も今年で最後になりました。「ロバートソンフィルム」は、アメリカで乳幼児精神保健に携わる人々の教育課程で必須とされています。親との愛着や分離にまつわる[子どもの心理]について学ぶことのできる貴重な資料で、愛着理論を確立したボウルビィ(John Bowlby: 心理学者精神分析学者: 1907-1990)の研究を実証するものです。今回は、ロバートソンフィルム上映会での学びの後、乳幼児精神保健に関わる人たちに向けて、渡辺先生に自由に話して頂こうと企画しました。この研修会での学びが、皆様が関わられている子ども達の健康的な発達や心のケアに繋がっていくことを切に願っております。

                    ◆会場へのアクセス:長崎バス 医学部前下車
                                                 長崎電気軌道 原爆資料館下車 徒歩10分
                    ◆ 駐車場がございませんので、公共交通機関を御利用下さい。

                    主  催:長崎大学 生命医科学域(保健学系) 看護実践科学分野 精神看護学
                    共  催:一般社団法人 シェアハート (多機能型児童発達支援事業所)
                               NPO法人 子どものメンタルサポートグループ・シェアハート
                    【問合せ先】 E-mail: m-nagae@nagasaki-u.ac.jp 担当:永江誠治

                    ロバートソンフィルムと乳幼児精神保健を学ぶ会
                    *クリックして拡大(PDF:1MB)

                    長崎大学について
                    エイハヘエイハヘニスフィエイハヘヨメウエイハヘヘユセエイハヘケルヘエイハヘモ鯊ヨエイハヘソェサァエイハヘラ「イエイハヘハヌユ豬トツエイハヘオヌネエイハヘソネエイハヘハアハアイハエイハヘハヨサappマツヤリエイハヘソェスア モワチヨ | メヒイ | ノトセ | マ羣ロマ羣ロ | ムエコ | コトマウ、ノウ | モチヨ | タヨニス | ハッハィ | ヘュチ | マノス | トマトメエィ | シテヤエ | ムネェ | モワチヨ | ミナム | サエトマ | ケ獪ニ | 萵ム | ーヘヨミ | ヨ゚ | クモヨン | 胄ヨン | エチャ | ヨ゚ | イヤトマ | ナタウ | ホレコ」 | ーイム | ー「タュカ | ー「ソヒヒユ | ユナシメス | チソレ | メ衾レ | カォフィ | ーーノス | ヒウオツ | ホトイ | キハウヌ | ヒキヨン | タウポ | ネハサウ | ーヘキ | イゥカヒタュ | フテナ | イカシ | イゥカヒタュ | セクスュ | トマセゥ | ムナーイ | ウ」オツ | ニスフカ | ラヤケア | コラクレ | ヨミノス | ケ耒トマト | ユソスュ | 霓マリ | ー「タュノニテヒ | ニスチケ | ノワミヒ | ケ狷マ | ハッハィ | イワマリ | ケ狷マ | ヘィサッ | ムモーイ | ルヨン | オツヌ | ホチヨケタユ | マテテナ | ビヨン | コツォオコ | チノム | 胙ム | スュホトマイ | タ・ノス | モヨン | ホトノス | ムヨミ | 蟋ム | チムメ | ユトヨン | ユカィ | サニクヤ | コトマウ、ノウ | サエーイ | サツ。 | サエトマ | ネハハル | ネテ | ヌィーイハミ | ホ莽 | ノヌヘキ | ク゚ミロ | ユナメエ | チャヤニクロ | コ」キ | ヘュエィ | ニ゚フィコモ | シムトセヒケ | ホトイ | トオオ、スュ | チルキレ | ヨ゚ | マノフメ | ココモ | ホレタシイイシ | セニネェ | ミヒーイテヒ | コリヨン | ウミロ | スェム゚ | オ・マリ | ケンフユ | ノストマ | ノロム | カォム | トヌヌ | ナフス | ニホフ | チヒョ | ニニケカ | オ、カォ | ミヒーイテヒ | エチャ | サニハッ | コ」キ | フゥミヒ | ヌコ」 | モサキ | セナスュ | ーヘキ | ノロム | フィヨミ | ヘト | スェム゚ | ア」カィ | ケ翳ト | イラヨン | ノフツ | コレチスュケカア | ーヘキ | ミヒサッ | ムフフィ | モタヨン | ヒ扈ッ | カカカ猴ケ | ポコ | シテトマ | ノロム | ケテワ | クハヒ狢シヨン | チムメ | ア」ノス | クキミツ | ニ゚フィコモ | ウ犢 | ヌリサハオコ | ホ莽 | ユツヌ | ユリヌ | ミウヌ | サニハッ | ーイム | メヒカシ | テシノス | ネ鯔ス | ヒキヨン | ヌュホトマ | ホイリタュネ | ミヒサッ | ーイム | ネホヌ | ヨミホタ | クトヤ | マノフメ | ネ邯ォ | コヨン | フチ | ー「タ | フヒョ | ヌアスュ | ウ、ヨホ | ムヨン | エキ | アアコ」 | 胙ム | フチ | ニニケカ | チルイラ | ートテナートテナ | メヒカシ | ノマネト | ユヤマリ | ソヲハイ | ヘゥマ | イシェ | ミイ | コレコモ | モサキ | コ」ホ | エミヒーイチ | コモウリ | クモヨン | エヌ | ウヨン |